エトヴォスベビーローション 成分

エトヴォスベビーローションの成分は?安心して使える?

エトヴォスベビーローション,成分

エトヴォスのベビーローションはママに人気のクリームですが、成分などは安心して使えるものなのでしょうか。赤ちゃんに使うものなので、少し心配ですよね…。ということで、成分をチェックしてみました。

 

【全成分】
水、グリセリン、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、ヒアルロン酸Na、シア脂、メドウフォーム油、ステアリン酸、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、ベヘニルアルコール、水添レシチン、キサンタンガム、カルボマー、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、ラウロイルラクチレートNa、水酸化Na、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン

 

…こう見てもよくわかりませんよね。ポイントは、ヒト型セラミド1·2·3·6Ⅱとフィトスフィンゴシンがバランスよく配合されていることです。ラメラ構造という、健康的なと同じ状態を実現しています。これによって、なじみがよく、すーっと浸透していきます。肌と同じ構造なので浸透しやすいわけです。

 

とはいえ、セラミドは多ければいいというわけではありません。肌が未熟な赤ちゃんには、多すぎるセラミドはかえって負担になってしまうこともありますので、セラミドの配合量もしっかり考えられています。

 

さらに、使用期限は2年ですが防腐剤は無添加ですので、デリケートな肌でも安心。

 

これらは皮膚科の専門家と考えて作られているということなので、安心して使えそうですね。


page top